喜矢武豊

【漫画】喜矢武豊主演舞台「ふしぎ遊戯」ストーリー&原作試し読みまとめ

B8Qp6X1CIAEvyea.jpg

喜矢武さんが主演の舞台「ふしぎ遊戯」は1992年から『少女コミック』に連載された作品です。
どんなお話なのか、喜矢武さんが演じる鬼宿(たまほめ)はどんな人物なのか、まとめてみました。
コミックス全18巻ですが、完全版全9巻・文庫版全10巻で出ているので、今からそろえるなら完全版か文庫版もオススメです。
以下、ストーリーを紹介しているのでネタバレになっています。


 

『ふしぎ遊戯』(ふしぎゆうぎ)は、渡瀬悠宇の少女漫画作品。
1992年より『少女コミック』(小学館)に連載された。
コミックス全18巻。完全版全9巻。文庫版全10巻。
本作品は、古代中国の四神や二十八宿などを題材とし、主要な登場人物の名前は、二十八宿から取られている。
また、主人公や国名なども五行説に則って命名されている。身体の文字などは里見八犬伝がルーツとなる。
テレビアニメ:1995年4月6日 – 1996年3月28日、テレビ東京系列(全52話)
CDブック:全5巻(1993年 – 1996年)
CDブック『少女コミックCDブック おもちゃ箱 ’93』(1992年12月)
外伝小説:パレット文庫より多数
PS2用ゲーム:2008年5月29日にオトメイトより、ふしぎ遊戯 朱雀異聞のタイトルにて発売された
2003年より新シリーズ『ふしぎ遊戯 玄武開伝』の連載がスタート。単行本全12巻。ドラマCD化及びゲーム化もされている
全シリーズの販売累計は2000万部を超えている
完全版の応募者全員サービスはCDブックの声優による復刻版キャラクターソングであった
2010年 幻想少女アドベンチャーふしぎ遊戯として舞台化




===
ストーリー
高校受験間近の中学3年生―夕城 美朱(ゆうき みあか)とその親友―本郷 唯(ほんごう ゆい)は、『読み終えた者は主人公と同様の力を得、望みがかなう。』という序文に釣られ、図書館の立ち入り禁止区域で見付けた四神天地書という書物を開いて、中に吸い込まれてしまう。
そこに待っていたのは、古代中国に似た異世界―四正国の紅南国と、額に鬼の字を持つ青年―鬼宿(たまほめ)との出会いだった。すぐに現実世界に戻れた2人だったが、帰宅後に母親と口論になり飛び出した美朱は再び本の世界へ入ったものの、現実世界へ帰れなくなってしまう。かくして美朱は、軍事大国―倶東国の前に苦境に立たされていた、若き皇帝にして朱雀七星士―星宿(ほとほり)の紅南国を守るため、現実世界への戻り方を知るために、朱雀の巫女となった。
やがて美朱は、各地に点在する七星士を探す方法や戻り方を求め訪れた太極山で、仙人―太一君(たいいつ)の助言と美朱の行方不明を聞き付けた唯の助けで、なんとか現実世界に帰還する。が、入れ替わりに唯が吸い込まれてしまったことから、唯を助け、七星士の一人であった鬼宿と強く惹かれ合うようになっていたこともあり、紅南国を平和に導く決意も新たに、美朱は兄―奎介(けいすけ)の制止を振り切って本に戻ってしまう。
一方、美朱と入れ替わりに倶東国に降りた唯は、ゴロツキに襲われたところを青龍の巫女として青龍七星士―心宿(なかご)に助けられる。だが青龍の力の独占を狙う心宿は、ゴロツキ達に唯が強姦されたのは美朱が見捨てたからだと騙り、敵対させるよう仕向けた。こうして唯は心宿の策略により、朱雀を妨害しながらの青龍召喚の旅に出る。心宿により、朱雀・青龍とも七星士達が次々と命を落とす中、一度は不可能かと思われた神獣召喚であったが、玄武・白虎の巫女達の遺産―神座宝を集めれば巫女単体でも神獣を呼び出せると知らされ、争奪戦が始まる。
最終的にこの争いを制したのは、青龍側であった。神獣―青龍を召喚した唯は、第一の願いで朱雀を封印。続く第二の願いで美朱を本の世界から追放し、唯も共に現実世界に帰還する。しかし美朱を離すまいとした鬼宿も、一緒に本の世界から飛び出してしまう。そこでとうとう鬼宿は、美朱と唯には今までの出来事全てが紙面上の虚構に過ぎないこと、巫女と七星士が結ばれないと言われて来た本当の意味に、衝撃を受ける。
美朱達が本の中で召喚を巡って争っていた頃、奎介も美朱と唯を助けるべく、現実世界で奔走していた。現実世界と巫女を繋ぐ共通物質―媒体である美朱のリボンや浮き上がる文面により、四正国や美朱の言動を追い掛ける一方、奎介は友人―梶原 哲也(かじわら てつや)と共に四神天地書とその訳者―奥田 永之助(おくだ えいのすけ)を調べ始めるが、2人が辿り着いたのは奥田の一人娘―多喜子(たきこ)が元玄武の巫女であった事実と、親子の非業の死であった。
さらに奎介達は、本から無事巫女の役目を遂げて帰還した元白虎の巫女―大杉 鈴乃(おおすぎ すずの)より“巫女とは生贄であり、神獣は願いを叶える代わりに巫女の体を喰らう。ただし、巫女が強い心の持ち主ならばその限りではない”と聞かされ、本の世界を追われた美朱に告げる。召喚で青龍に蝕まれていく体に怯えた唯は、助けを求めた美朱から生贄の事実を知らされ、ショックを受ける。その時、紅南と倶東両国を窮地に陥れた心宿が、遂に現実に現れ、第三の願いを自らにもたらすよう唯に迫った。辛くも、鬼宿の助けを得た美朱に助け出されたことで、ようやく心宿の本心に気付いた唯は、最後の願いで朱雀を呼び出す力を美朱に与え、青龍に取り込まれてしまう。
朱雀を招喚した美朱は、第一の願いで唯を取り戻した後、第二の願いで青龍を封印。世界を破滅から救い、最後の願いで“鬼宿と決して離れない”ことを願った美朱が、唯と現実世界へ戻って数か月後。奎介の連れて来た、鬼宿の記憶と誓いの指輪を持った後輩―宿南 魏(すくなみ たか)と再会する。
第二部(OVA2参照)では高校生になった美朱が、学校行事で訪れた高松塚古墳で朱雀と再会。救いを求める声と魏に迫る危機に、鬼宿の記憶を探して、魏と再び本の世界へ降り立つ。朱雀七星士達との再会に感激するも束の間、激闘の直後に井宿と翼宿の手元に現れた石が魏の記憶だと知り、不気味な気配を感じつつも、戦死した七星士達の石を求めて旅を開始する。しかしその頃、現実世界の美朱の高校や奎介達の大学にも、妖しい影が迫りつつあった。




===
舞台のストーリー
中学3年生の少女 夕城美朱 (ゆうきみあか) は、親友の唯と、図書館で古い書物『四神天地書』を見つける。
これは書物自体が一つの呪文となっており、読めば主人公と同じ力を得、望みが叶うという魔法の書物だという。
本を開いた二人は突然の地震に襲われ、目を開けるとそこは本の中の世界だった…。
原作は美朱を主人公とした冒険ファンタジーとして描かれているが、今回の舞台では、美朱が吸い込まれた本の中で出会う青年、鬼宿 (たまほめ) を主役に据え、鬼宿目線の新しい『ふしぎ遊戯』に挑戦する。
www.nelke.co.jp/stage/fushigi/




===
喜矢武さんが演じる『鬼宿(たまほめ)』とは

たまほめ.jpeg

鬼宿(たまほめ) / 琮 鬼宿(そう きしゅく)
年齢 – 17歳、身長 – 180cm
誕生日 – 6月28日生まれ(蟹座)、血液型 – O型
美朱と唯が街中で絡まれていたところを助けた、美朱が初めて出会った朱雀七星士。現実の服を着せ整えると並の芸能人よりいい男(奎介談)。
弟2人妹2人の5人兄弟の長男。家族思いで、病弱な父に代わって幼い弟妹達を養おうと都によく出稼ぎに来ているために大変な守銭奴だが、朗らかな気の良い青年。母が末妹を出産した後に他界したので、特に末妹を可愛がっている。額に浮かぶ鬼の字が原因で幼い頃は“おばけちゃん”と呼ばれ馬鹿にされており、それを見兼ねた奎宿から教わった拳法を得意とする。後に太一君から、気を放つ技を与えられる。第一部終盤で青龍の力を得た唯により朱雀の力を封印されるが、唯の2つ目の願いにより唯と共に現実に戻る事になった美朱に強い想いでしがみつき現実へ行く事になり、そこで自身が本の中作られた人物だと言うことを知る。
唯の三つめの願いで朱雀の力を取り戻し心宿を倒した後、宿南魏として現実世界に転生し美朱と結ばれる。
宿南 魏(すくなみ たか)
年齢 – 18歳(誕生日、身長、血液型は鬼宿と同じ)
鬼宿が現実世界に転生した姿。奎介と同じ大学に入学し、後輩になったことで、美朱と再会した。現在は一人暮らしだが田舎の家族は両親と弟1人、妹1人。今でもお金が大好きでバイトに精を出しては、部屋に小銭の瓶詰めを着々と増やしている。鬼宿だったころの記憶がところどころ抜け落ちているが……?




===
原作者 渡瀬 悠宇(わたせ ゆう)
公式サイト
www.y-watase.com/
公式ブログ 日月の聲(こえ)
ameblo.jp/wataseyuu/
公式ツイッター




===
試し読みサイト
ソク読み
sokuyomi.jp/external/viewer2/?id=CO_fusigiyuug_001_0001-0
コミック小学館ブックス
会員登録などせずに、全ての巻が40ページほど試し読みできます。
csbs.shogakukan.co.jp/book/volumes?cp=5782&isbn=9784091343512
eBookJapan
www.ebookjapan.jp/ebj/title/12976.html
フラワーコミックス 全18巻

文庫版(19.8 x 14.6 x 11.6 cm)全10巻

完全版(21.4 x 15 x 15 cmの少し大きめのサイズです) 全9巻

関連記事