ライブ

【WWSチャンネル】ゴールデンボンバーJAPAN JAM BEACH2015ライブレポ!

00.jpg

WWSチャンネルというサイトで、ゴールデンボンバーが出演した「JAPAN JAM BEACH 2015」のライブレポが掲載されています。



<WEB>
「WWSチャンネル」
5/4に出演した「JAPAN JAM BEACH 2015」のライブレポート掲載
www.wws-channel.com/music/japanjam2015/goldenbomber.html

【ライブレポート】ゴールデンボンバーがJAPAN JAM BEACH2015 SEASIDEステージに登場!
5月3日、4日、5日の3日間、幕張海浜公園にて、JAPAN JAM BEACH2015が開催された。5月4日のSEASIDE STAGEのファーストステージに登場したのはゴールデンボンバー。
駆け足でメンバーが登場する中、オープニングで流れたのは、なぜか『湘南乃風』のキラーチューン『睡蓮花』(笑)。「湘南乃風でーす!うそぴょーんゴールデンボンバーでーす!」とヴォーカル・鬼龍院が言い放ち、『睡蓮花』にあわせオーディエンスにタオルを振り回させてからの1曲目『Dance My Generation』。会場はあっという間にヒートアップした。
その超ハイテンションをキープしたまま2曲目の『元カレ殺ス』へ。2曲を一気に披露すると、ヴォーカル・鬼龍院のMCがスタート。「幕張イェーイ! おはよー! もちろん、騙すつもりはありません。楽器は弾いてません!」と始まり、それぞれのメンバー紹介ならぬ順番に自己紹介。ギターの喜矢武は「フェスで何が好きかって出店の焼きトウモロコシ。食いてえー」と叫び、ベースの歌広場は「苦手だと思っていたものも食べてみたら案外うまかったりするじゃないですか。ゴールデンボンバーが苦手だと思っていた人も、今日聴いて無理矢理にでも好きになってくださーい」とそれぞれキッチリおもしろいことをしゃべる。こんな一面も彼らの大きな魅力だ。
MCの後「次の曲、再生してください」で始まった『抱きしめてシュヴァルツ』の間奏では、喜矢武が「食いたい」と言っていたトウモロコシを大量に串刺しにして持ってきたかと思いきや、タイマツの炎で炙り、おもむろに焼き立てを頬張る!そしてさらにもう一本を、今度はすぐ横にいたカメラマンに齧らせ会場は爆笑の渦に。
一方、ドラムの樽美酒は「V系のことを愛してくださいっ!」と叫び、パンツの裾を肩まで食い込ませてVを体現。このパフォーマンスがゴールデンボンバーの真骨頂と言わんばかりのインパクトを見せつけてくれた。
せつないロックナンバー『ローラの傷だらけ』。この曲は最後までストレートに歌い上げる、のではなく喜矢武が今度はコンドームの着ぐるみ姿で登場。彼らは果てしないまでにサービス精神の持ち主なのだ。
ラストはもちろん『女々しくて』。誰もが知るこのナンバーで盛り上がらないはずがなく、文字通りステージとオーディエンスが一体となった。そして、最後の最後。ステージに子供用ガーデンプールが持ち込まれたと思いきや、鬼龍院以外の3人のメンバーが緑のペンキをかぶってもつれ合い、あっという間に全身グリーンになって「緑の日っ!」恐れ入りました。
(取材/文 :大坂晃典・写真/山岸一之)
JAPAN JAM BEACH2015
ゴールデンボンバー セットリスト
M1.Dance My Generation
M2.元カレ殺ス
-MC-
M3.抱きしめてシュヴァルツ
M4.トラウマキャバ嬢
M5.ローラの傷だらけ
M6.レッツゴーKY
M7.女々しくて
www.wws-channel.com/music/japanjam2015/goldenbomber.html

リンク先に画像もありましたのでご覧くださいませ(^-^)⊃

関連記事