歌詞

ゴールデンボンバー デートプラン 歌詞

ゴールデンボンバー デートプラン 歌詞

ゴールデンボンバー デートプラン

ゴールデンボンバー

デートプラン
作詞:鬼龍院翔
作曲:鬼龍院翔

死ぬほどつまらない世界に嫌になり抜け出した先で
可愛い君と巡り逢う
たまに見せる素晴らしい笑顔に取り憑かれた僕の心は
昼夜を問わず君を描いている(夢にも出る)

ちょっとだけ話したってだけで
なんにも知らないんだけれど恋の炎は燃え盛る
今度会えるのは月末 何を着て何を喋れば
その心に僕の炎を灯せる

ねぇ、いつか叶うならば二人きりでもしも会えるなら
他には何もいらないよ
日々僕が作り上げた 朝から晩までのデートプラン
実行できたとしたら
その大好きな笑顔を何回くらい見れるだろう?

デートをさせて 笑顔を見せて
全額僕の奢りでいいから
モーニングコールで目覚めて
落ち合うホーム 中央線
甘く切ない映画を見に行こうよ

何を好むのか知らない 君の苗字さえ知らない
甘党か 何人兄弟かも
でもいい
轉載來自 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
例え、元・男でもいい!

…いや、それは無いか。
でもそれくらい君の事好きで好きで仕方無い。

デートさせて 君を教えて
全部×2丸ごと受け止めるから
夕方発 中央線→5時半着 東京駅
→京葉線で舞浜まで行こうよ

あぁ、どうか叶うならば 二人の距離が近付くならば
もう死んでもかまわないよ
この僕が作り上げた 自己中心的なデートプラン
遂行できたとしたら
その大好きな笑顔を何回くらい見れるだろう?

笑顔を数え 目に焼き付ける いつも心は君色
その瞳に映る僕は きっとオドオドしちゃってるだろう

デートさせて 笑顔を見せて
0.1秒も目を離せないよ
パフェふたりで食べて パレードに見とれて
花火見上げてる君を見るよ

どうか、どうか嫌われませんように
0時の終電で見送るよ

mojim.com/twy109853x5x5.htm

関連記事