歌詞

ゴールデンボンバー 毒グモ女(萌え燃え編) 歌詞

ゴールデンボンバー 毒グモ女(萌え燃え編) 歌詞

GOLDEN BOMBER「毒グモ女(萌え燃え編)」Live at 横浜アリーナ 2012/6/18

ゴールデンボンバー

毒グモ女(萌え燃え編)
作詞:鬼龍院翔
作曲:鬼龍院翔

孤独な街に広がる甘い巣穴に掛かり
愛の夢から覚めないこの体
綺麗な罠を仕掛けるその姿軽やかで
もう…僕の恋は止まらないよぅ(わーお!)

突然街中で声をかけた毒グモが
ニッコリ笑い誘うもんだから着いてった
僕が店に行けば君は喜んだ
もっとも今思いや陳腐な罠だったなぁ

モテナイ男ニ罠張ッテ
指一本モ触レナイデ
高イオムライスヲ喰ワサレタ

恋心を抱かせる完璧なその笑みに
騙されりゃいい!裏切られればいい!
孤独な心を満たす君だけが見たいから
今日も店を避けて通れないよぅ(わーお!)

中央通りからちょっと外れたクモの巣は
轉載來自 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
どんなにもがいても四肢を離さなかった

モテナイ男ニ糸吐イテ
グルグル巻イテ転ガシテ
毒牙デ生キ血ヲ啜ラレタ

恋心を弄ぶ上出来なサービスに
破産してもいい 側に居れるならば
真っ赤な糸を吐き出す君だけが愛しくて
その笑顔を写メで捕らえたいよぅ(わーお!)

モテナイ僕ハ嬉シクッテ
君ノ笑顔ニ巣食ワレテ
ケチャップデ恋ヲ打チ明ケタ

恋心を綴らす
赤いケチャップの意味に気付いた君は
糸を吐くのを止める
「告白は慣れたもの」と 言わんばかりに君は
『ありがとう』と、ただそれだけだから
今日も明日も糸は解けないよぅ(わーお!)

mojim.com/twy109853x7x2.htm

おすすめ記事