喜矢武豊

【画像】喜矢武豊出演ドラマ「49」第6話出演シーンまとめ

桐生哲也.jpg

喜矢武さん出演ドラマ、「49」の6話が放送されました。たくさん出演してました( ´ ▽ ` )ノ画像まとめです。



49|日本テレビ
www.ntv.co.jp/49/

第6話 2013.11.09 O.A
本来の暖(佐藤勝利)とその身体に宿った父親・幹の二人の魂が、頻繁に入れ替わるようになる。息子の暖は母親・愛子(紺野まひる)を、父は幸(山本舞香)ら若い女の子を女性として意識すると入れ替わりが起きるというのだ。
次第に二人の境界が曖昧になっていく中で、息子のために何かを残したいと考えた暖は、マナ(西野七瀬)に自分はもうすぐ死ぬと告白。そして、マナと息子の暖が付き合えるようにマナを口説き始める。一方、哲也(喜矢武豊)のホストクラブに突然、裕子(野村麻純)がやって来て…。

暖(佐藤勝利)の部屋に訪れる愛子(紺野まひる)。
49-6 (1).jpg
49-6 (2).jpg
49-6 (3).jpg
49-6 (4).jpg
ホストクラブのシーン
49-6 (5).jpg
49-6 (6).jpg
哲也(喜矢武豊)のホストクラブに突然、裕子(野村麻純)がやって来る
49-6 (7).jpg
49-6 (8).jpg
49-6 (9).jpg
お父さんの保険金で借金返せるよ、と裕子(野村麻純)に言われる哲也(喜矢武豊)
49-6 (11).jpg
これは使えないよ、時間がかかるかもしれないけど、自分でなんとかするよという哲也(喜矢武豊)
49-6 (12).jpg
裕子(野村麻純)「まってる!!」
49-6 (13).jpg
次回予告
哲也(喜矢武豊)「ゴールデンボンバーみたいに売れるかもしれないよ」っていうセリフが(^-^)
49-6 (14).jpg

第7話 2013.11.16 O.A
父親・幹の魂を宿した暖(佐藤勝利)への思いに気づいた幸(山本舞香)は、暖に対して積極的に迫るが、すぐに息子に戻ってしまい思いを遂げられずにいた。一方、息子の魂の暖は関わる人たちに、事あるごとに父親の素質と比べられ苦悩する。
ある夜、いつものようにステージに立つチキンバスケッツのメンバーは、レコード会社社長の恵子(生稲晃子)から、ネットアイドルとしてデビューしないかと持ち掛けられる。学校にバレることを恐れる暖だが、哲也(喜矢武豊)や健太(安井謙太郎)は乗り気で…。

動画はコチラのサイトなどで見られるようです。
49 動画 YouTubeドラマ動画まとめ -ビデオナビ-
俳優の高野八誠さんのTwitterで、喜矢武さんのプライベート画像が( ´ ▽ ` )ノ


高野八誠 – Wikipedia
「死ガ二人ヲワカツマデ…」で共演した俳優さんです。
www.nikkatsu.com/report/201208/001131.html

おすすめ記事