週刊文春コラム『金爆「#CDが売れない~」彼らなりの考察が欲しかった』訂正

週刊文春のコラム「近田春夫の考えるヒット」という連載で、ゴールデンボンバーのシングルが取り上げられていました。

ネットで全文読めるようになりましたので、リンクを追加しました。

記事内容に間違いがあり、訂正されていたので更新します。





掲載されているのは週刊文春4月27日号です。

金爆の新曲「#CDが売れないこんな世の中じゃ」 彼らなりの考察が欲しかった ~#CDが売れないこんな世の中じゃ(ゴールデンボンバー)/into the world(Kalafina)~ – 近田 春夫

文春オンライン
bunshun.jp/articles/-/2221
BLOGOS
blogos.com/article/219991/

こんなのも↓

本で読む方はこちら





***

訂正されてます

「今週の訂正「前々回(4/27号)でゴールデンボンバーの『女々しくて』について、“超ヒットからはやもう8年”と書いていましたが、2009年にシングルが発売されたのち、世間的な超ヒットの現象が起きていたのは2012年~13年ごろでした。知人から指摘されてうっかりに気がつきました」と腰低めの近田春夫氏。「お詫びして訂正します」」

サラ~っと読んでて気づかなかったwww
確かにそうですね(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. きりんきりん より:

    こんばんは!
    いつも新しい情報ありがとうございます!!

    な~んだ違う方向の訂正が入るのかと少し期待し記事を読んでしまったのは私だけでしょうかww

    例えば、《AKBをディスっていなかったのですね。Mステ観ていませんでした。テヘッ!リサーチ不足申し訳ありません。》みたいなw

    タモリさんはMステで爆笑していたし、オリコン順位よりツイッターの#トレンド順位『そっち』を気にしているのか?と言いかけて下さっていて、あ!!分かってはる!!事前に鬼龍院さんのブログ読んで下さっているのかな(∩^-^∩)てあの時感じていました。

    タモリさんと仲良しだった近田春夫さんも昔は面白かったですよね!
    “小ネタ曲”好きなはずなのにどうしちゃたのかしら・・・。

    アモーレもPVに惑わされず歌詞を読めば、ちょっと泣きそうになるほど切ない曲ですよね(。-_-。)共感共鳴