歌詞

ゴールデンボンバー 夜汽車 歌詞

ゴールデンボンバー 夜汽車 歌詞

ゴールデンボンバーメドレー

ゴールデンボンバー

夜汽車
作詞:鬼龍院翔
作曲:鬼龍院翔

僕が願いを込めた
星は何処へ行くのか
確かめに行けるから
僕らには明日が在る

君の手を取り
何処までも行ける
笑いながら泣きながら
不安を抱いて

何故隣りに居ても
考えてしまうの
『愛してる』と言ってよ
それだけで眠れる

今はただ君の目を
見つめさせて欲しいよ
辿り着く所には
僕の知らないものがある

君の心に
轉載來自 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
僕はどう映る?
考えて知り得ない未知を探る

揺れる夜汽車の中
窓の外を見ながら
『愛してる』と言ったのを
僕は忘れない

君のこと何も知らないで
僕らはすれ違う
どれが正しい手段なのか
僕らには難しい

誰も居ない道を
また歩むその前に
『愛してる』と言ってよ
それだけでいいのに
今も夜汽車はただ
灯りの無い線路上を
辿り何処へ行くの?
僕にはわからない

mojim.com/twy109853x3x4.htm

おすすめ記事