SHINさん「ゴールデンボンバーの歌広場淳さんがいなかったら…」

SHINさん「ゴールデンボンバーの歌広場淳さんがいなかったら…」

SHINさんが事務所(ユークリ)に所属した経緯をインタビューで語っています。淳くんがきっかけだったなんて!!





「ゴールデンボンバーの歌広場淳さんがいなかったら、僕はEX THEATER ROPPONGIで終わってたかもしれない」

—では、そうやって修行僧のように自分を追い込んでいたSHINさんが、いまの事務所に入ることになった経緯を教えてもらえますか?

「はい。ずっと事務所が決まらないなか、僕はもうライブをやるしかないなと思ったんです。ライブを観てもらって、それで誰の目にも止まらなかったらもう諦めようと覚悟を決めて。それで、前の事務所にいた頃に知り合いだった人にライブ制作をやってくれないかとお願いして。それでやったのが、去年のEX THEATER ROPPONGI(“SHIN 1st LIVE 20161224「約束」”)だったんです」

—ああ、そうだったんですね。

「それで、EXは今まで僕に関わってくれてた人みなさんにお声かけをしようと。そのなかにゴールデンボンバーの歌広場淳さんがいたんです。連絡をしたら、その日は予定が入ってて行けないといわれたんですね。そのときに“事務所とか探してらっしゃいます?”といわれたので“えっ! 探してます”と応えたら“よかったら1度ウチに話に来てみませんか?”といってくれて。それで、EXの前に事務所の会長とお会いしたんです。事務所のレコーディングスタジオで。そのスタジオを見て“なんて素晴らしい環境が整ってるんだろう”とまず思いまして。すぐに“僕、ここでやりたいです”と言いました(笑)。それで、会長にEXを観に来てもらって。その数日後にお会いして、契約させていただきました」





—これから歌広場さんに足を向けて寝られないですね(微笑)。

「“アー写下さい。部屋に飾るんで”って言いましたから。僕からしたらそういうレベルですよ。歌広場さんに連絡しなかったら、EXで終わってたかもしれないですからね」
shin-project.jp/interview





コメントをどうぞ(承認制です)

*