【テレビ】12/26(土)「紅白直前!日本人が“なぜか”気持ち良くなる歌をデータで探る」

「紅白直前!日本人が“なぜか”気持ち良くなる歌をデータで探る」という番組で紅白に関するデータをいろいろ分析していたのですが、ゴールデンボンバーの歌詞も取り上げられていました!


「紅白直前!日本人が“なぜか”気持ち良くなる歌をデータで探る」
2015年12月26日(土) 21:00~22:00
紅白歌合戦で年代別に披露された歌から使われた言葉を抽出し、それを多い順にランク付け。
伊集院光は2010年代は前代から激変していると述べ、福田彩乃は2010年代の歌詞に見られる、「手」、「明日」といったフレーズが入った曲をよく歌うと明かした。また更に分析をするとあるフレーズと一緒に出てきやすい言葉があり、「女」と一緒に使われやすい言葉として、50年代~60年代は「黒髪」、「弱い」だったが、80年代~90年代は「ほれる」、「男」となった。2000年代以降では「強い」、「年上」。
一方、90年代以降、槇原敬之の「どんなときも」を始め、ゴールデンボンバーの「女々しくて」など歌詞に「僕」というフレーズの使用率が急上昇している。音楽アナリストの臼井孝さんは女性が「僕」を歌うとヒットする傾向があると分析。
動画
jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=sbs-tv&prgid=53320320